パナホーム 商品別 坪単価

<スポンサードリンク>



パナホームの商品別の坪単価記事一覧

パナホームの多層階住宅「vieuno(ビューノ)」の坪単価と特徴を調べてみました。3階建てではなく、多層階住宅ってどういう意味なのか調べたら、3階〜9階まで対応しているからということがわかりました。9階というとビルとかマンション並みの規模だと思われます。この9階建ては工業化住宅の業界では最高の多層階住宅です。坪単価 75万〜80万円ビューノ自体は2011年に誕生しましたが、パナホームの多層階住宅の...

2014年、パナホームから「エコ・コルディス2」が発売されましたので、坪単価と特徴を調べました。元々2013年に、パナホーム創業50周年記念商品として「エコ・コルディス」が発売されていましたが、その商品がパワーアップし「エコ・コルディス2」として発売されました。エココルディスの特徴はなんといっても、屋根そのものを太陽光パネルにしたことでしょう。屋根自体が太陽光パネルですので、条件が揃えば20年で1...

2011年1月、パナホームは関東地区、愛知県・大阪府の一部で「CASART(カサート)」を発売しました。その後、4月には積雪寒冷地を含む全国(ただし、北海道・沖縄の一部は除く)に発売しました。このカサートと2015年にゼロエコ仕様を標準搭載した「NEW CASART(ニュー カサート)」の坪単価と特徴を調べました。坪単価カサート 50万〜85万円ニューカサート 70万円〜カサートは単価に幅がありま...

パナホームは2017年、フラッグシップ(基幹商品)「カサートプレミアム」を発売しました。カサート自体は2011年に発売されている商品で、何がプレミアムなのか坪単価と特長をまとめてみました。坪単価 98万円〜プレミアムというだけあって高価格帯です。40歳台〜50歳台半ばで、年収1,000万〜2,000万円台の富裕層をメーインターゲットにしています。坪単価は地域やオプション等により変わりますので、10...

パナホームは2012年、二世帯住宅「つどいえ(two・do・ie)」を発売しました。このつどいえの坪単価と特長をまとめました。商品名の由来は「two(2つの)+do(暮らす)+ie(家)」で「家族が楽しく集う家」になってほしいという意味です。開発の背景には2011年、東日本大震災が起こったことで、家族の絆を再確認した方は多いと思います。また、結婚・出産後も働く女性が増えたことで、親に家事育児の協力...

page top